輸送関連業の分野は幅が広く、航空パイロットから鉄道操車係にまでわたります。仕事としては、飛行機、鉄道、バス、船、交通システム、その他民間、公共の交通網を介してで乗客や貨物を輸送する産業も含まれます。また、鑑賞および観光輸送もこの業界の仕事です。

輸送および物資移動部門には、輸送関連業界をサポートする職業もあります。例えば、交通手段やロジスティクススタッフの予約などをする旅行・観光代理業者は輸送産業の仲間です。この場合ロジスティクススタッフは、顧客の交通移動の手配を行います。また、自動車メカニックや、自動車サービス業者、メンテナンス業者、修理業者などのメカニカルサポーターも同様に輸送産業に属しています。

以下の輸送関連業の職種名をごいただき、この業界の仕事の職探しにお使い頂き、さらには就職に役立てて頂けたらと思います。

一般的な輸送関連業

次のリストは輸送産業で最も一般的な(そして最も需要のある)業種とその仕事内容です。各職業についての詳細は、労働統計局の職業案内ハンドブックをご覧ください。

トラックドライバー

トラックドライバーは物品の輸送を行います。多くの場合、製造工場から小売業者か、流通センターまで商品を運びます。運搬車両の捜査のためのメカニックの知識が必要です。

また、運搬は定められた時間内に行うことが求められます。トラックドライバーは、多くの時間を家の外で過ごし、トラックで一人で過ごすことが多いです。イレギュラーな仕事の発生にっも不満を抱かないこと、業務遂行に見合う身体能力が求められます。

・CDLドライバー
・配送ドライバー
・配送助手
・トラックドライバー
・トラックドライバー管理者

公共交通機関/バスドライバー

バスドライバーはスクールバス、民間のクライアント、市民(市バスの場合)のために業務を行ないます。指定されたルートを回り、客を乗降させ、時間内に各地へ行かなくてはなりません。トラックドライバーとは違い、バスドライバーはいつも乗客との交流があるため、優れた顧客サービススキルが求められます。

・バスドライバー
・公共交通調査担当者
・ルートドライバー
・ルート管理者
・スケジュール管理者
・路面電車運転士
・地下鉄運転士
・大型ワゴンドライバー

タクシードライバー、お抱えドライバー、その他ドライバー

タクシードライバーやお抱えドライバーは目的地までの人の移送を行います。優秀なドライバーであること、自分の担当地域周辺をよく知っていることが求められます。多くの場合、何らかの研修を受ける義務がありますが、教育は義務ではありません。タクシードライバーやお抱えドライバーの仕事は、優れた顧客サービススキルが必要です。

・ハイヤードライバー
・お抱えドライバー
・添乗員
・発送係
・ドライバー
・ドライバー兼営業代表者
・ドライバー兼営業社員
・貨物車両運行コーディネーター
・貨物車両運行管理者
・シャトルバスオペレーター
・タクシードライバー

資材運搬従事者

資材運搬従事者や手作業従事者は積み荷や在庫品の運搬を行います。資材を運ぶトラックの荷物を回収したり、荷下ろしを行うのが仕事です。また、商品の梱包も行いますし、輸送設備のクリーニングさえも担当します。通常は学校教育は義務ではありませんが、資材運搬従事者は多くの場合、研修を受けます。スタミナがあること、身体的に強いことが求められます。

・原料供給係
・フォークリフトオペレーター
・物流担当者
・資材管理者
・資材管理監督者
・資材プランナー
・梱包管理者
・梱包エンジニア
・生産スケジューラー
・リフューズ・リサイクル可能な資材の回収業者

流通/倉庫業務

ほとんどの貨物輸送は巨大な流通センターや倉庫での途切れることなく行われる業務に頼っています。このような中枢では、貨物が決められた輸送スケジュール内で確実に取り扱われるように、頭脳職・肉体労働職のどちらも必要とされます。

・流通センター管理者
・流通ディレクター
・流通管理者
・設備ディレクター
・予測管理者
・予測担当者
・在庫管理アナリスト
・在庫管理担当者
・在庫管理マネージャー
・運用管理者
・運用監視者
・出荷受付担当者
・出荷受付スーパーバイザー
・流通最高責任者
・在庫管理最高責任者

交通・輸送・旅行流通

交通・輸送物流分析者や関連業務従事者は、人々の輸送や貨物輸送が行われる出発地点から到着地点までの細部にわたる全ての手配を行います。

・出入国受付
・出入国管理者
・出入国監督
・物流アナリスト
・物流管理者
・物流スペシャリスト
・交通担当者
・交通管理者
・交通監督者
・輸送アナリスト
・輸送アテンダント
・輸送ブローカー
・輸送検査官
・輸送管理者
・輸送プランナー
・輸送監督者
・旅行コーディネーター
・旅行管理者

水上輸送労働者

水上輸送労働者は様々な仕事をこなします。いくつもの水域を越えて人々や貨物の輸送を行う船舶の操舵・メンテナンスを行います。「水上輸送労働者」という広いカテゴリーには特殊な職種が数多くあります。例えば、商業船員、船長(キャプテン・マスター)、航海士(または甲板部士官)、操舵手、水夫、船舶技師、船舶給油者などがあります。

初級レベルの給油業者や水夫などの場合、教育は義務ではありませんが、上級レベルの職種(技師や航海士)の場合は、通常特定の資格が必要となります。

・船長
・船員
・甲板部士官
・甲板員
・船舶検査官
・船舶給油者
・船舶オペレーター
・商業船員
・モーターボートオペレーター
・操舵手
・水夫
・水上輸送オペレーター

航空輸送労働者

2016年の時点でアメリカ国内の公共空港はおよそ5,136か所、民間だと13,863か所ありました。2017年?の雇用統計では、この業界では航空整備士とサービス従事者を合わせて、36,940人が採用されたことを示しています。また、航空パイロットと航空機関士が75,120人、貨物担当者が9,260人、予約・交通チケット担当者と旅行担当者は83,820人となっています。

・航空管制官
・航空パイロット
・客室乗務員
・航空機関士
・操縦教官
・搭乗ゲートスタッフ
・ヘリコプター

鉄道輸送労働者

アメリカ国内では2016年の鉄道労働者の数はおよそ10万5,500人となっています。鉄道輸送の仕事では通常、高校卒業資格と広範囲にわたるOJTが必要とされています。

・駅員
・エンジニア
・鉄道技師
・車両修理技師
・車両基地エンジニア
・鉄道制動手
・車掌
・車両基地労働者
・車両乗務員
・車両オペレーター
・構内作業主任

はーい!エリナジャパンです!日本人でーす!ベトナムに住んでまーす!
日本では保険外交員をやってましたが、今は某日系大手の物流会社(フォワーディング)で営業部長兼配送のマネジメントをやっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です