物流の仕事でのトラックの運転は、ほんの入り口

輸送物流は、動きの速い、活発な業界で、トラックドライバーは、もっともよく目にする職業の一つでしょう。企業は常に物品を動かす必要に迫られていると聞きます。そしてそのため、国内では常にトラックドライバーが求められているというのです。「トラック輸送を外国に委託することはできない」し、国レベルでドライバーが不足していることから、ドライバーを生業とする人たちには多くの選択肢があります。

けれども、こういったドライバーたちには物流・運営サポートが必要です。また仕事は刺激的で、選択の幅も広いでしょう。輸送物流業界では日々刻々と状況が変わり、常にチャレンジが待ち構えています。
「輸送物流分野の仕事は全て、信用・コミュニケーション・信頼という複雑な仕組みに依存しており、どのメンバーも日々失敗することなくパズルの一つのピースとして機能することが求められます。」
ここでは、輸送物流を代表する4つの素晴らしい仕事について紹介したいと思います。

ディスパッチャー

ディスパッチャーとして働く人達は、顧客の需要に応えるためにドライバーや車両の手配を行います。高いコミュニケーション能力と、顧客サービス能力が必要とされ、他の従業員と密に、そして効率的に働くことができなければいけません。
「ディスパッチャー、ウェアハウスワーカー、その他全てのポジションの人達は密に構成されたチームとして、共通の目標を掲げて仕事に取り組みます。そのことにより、効率良く時間通りに顧客へ物品を届けることが可能になります」とスミス氏は話します。

運営上の役割

地方企業は、物流の幅広い役割を担うことに自信のある、運営に携わる人材を必要としているでしょう。レイク・エリーロジスティクスの社長秘書、キャリー・オーレンバッカー氏によると、彼女の仕事では、輸送会社が取り扱う様々な業務に対応可能な経験をすることができるということです。「荷物の発送のために、現在GPSシステムとタブレットを全トラックに導入しているので、体系的な知識だけでなく、テクニカル系の実知識も必要となります。」

友人の話では、彼女はトラックのメンテナンスのためにメカニックと協力して業務を行い、ニュースレターのフィードバックを通じてドライバーたちとコミュニケーションを取ります。また、企業のリース部門のために、billingの取り扱いも行います。「世界的に物流業界は変わり続けており、私の仕事は、柔軟性が鍛えられ、自己の成長も促されます。」

物流エンジニア

大手企業では、より効率的な運営を行うために物流エンジニアが様々な種類のデータの調査を行います。一配送当たりの収益や、時刻通りの配送率、ルートを短縮する方法、配達予定、燃費についてのデータなども含まれると、スミス氏は話します。また、物流エンジニアはこのデータを効率良くたどり、地方自治体や、国などの規則に遵守しているかの確認も行います。

顧客担当者

物流会社で顧客担当者として働くことは、意欲的で、自発的な、人材には良いチャンスだと、ブルーグレイス・ロジスティクスのシニアセールスマネージャー、ダスティン・スナイプス氏は言います。「ブルーグレイスでの、顧客担当者の仕事は、ビジネスが見込める顧客に営業の電話をかけて独自の顧客リストを作成することです。取引が成立すると、顧客担当者はコミッションを得ることができます」とスナイプス氏。全国規模の営業の場合は、電話やEメール、オンラインでの打ち合わせで、地方企業の場合は直に会ったり、テリトリー営業をかけます。

はーい!エリナジャパンです!日本人でーす!ベトナムに住んでまーす!
日本では保険外交員をやってましたが、今は某日系大手の物流会社(フォワーディング)で営業部長兼配送のマネジメントをやっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です