輸出分析担当者としての仕事には、輸送・輸出または輸入に関する機能的な活動の調整を行うことが求められます。その業務は多岐にわたり、運送・物流業界では優れたキャリアとなる、素晴らしい仕事です。
輸出分析担当者としてのキャリアを築くことは、輸入分析の役割も含め、運送業界の他の分野でも良いチャンスとなります。この職種ではチームメンバーとして働くこと、顧客とサプライヤー両方との連携を楽しむことができる人材が求められます。

輸出分析担当者の仕事とは?

輸出分析担当者は、異なるタイプの商品を扱う複数の顧客を代表して国外の目的地まで製品の運送と追跡を行います。
また、輸出入に関する書類や積み出し国/目的国に関する書類の作成を任されます。
輸出分析担当者は、コストを下げて、企業の販売ターゲットに見合うようにしつつ、生産性や品質改善のために最善の決断を下すための分析スキルが求められます。

数量や統計結果を比較検討し、管理者に報告をします。
輸送分析担当者は常に顧客への配達方法の改善策を模索しているため、輸送で生じる問題の解決策をよく理解していることが求められます。
役職によっては輸出を担うチームの管理を求められる可能性もあります。
輸出分析担当者は、配送時に生じる問題の管理とともに顧客との関係を気付くことが求められます。

輸出分析担当者に求められるスキルと資格

学位レベルの教育を受けているか、充分な経験があることを示さなければなりません。
運送業界で輸出の経験があること、あるいは商業的環境での充分な分析スキルを示すことが求められる可能性もあります。
輸出分析担当者は優れた文書作成能力と対話でのコミュニケーションスキルを持っていることが求められます。
就いた仕事によりますが、特定の国々との輸出入に関する書類について、幅広い知識があることが求められる可能性もあります。

日々顧客やサプライヤーとのやり取りがあるため、優れた対人スキルもこの職種では必要とされます。チームプレイヤーになること、若いチームメンバーの意欲を高める能力も重要です。
高い分析スキル、プレゼンテーションスキルも求められます。
ワードやエクセル、パワーポイントなどのマイクロソフトオフィスに精通してなければなりません。

はーい!エリナジャパンです!日本人でーす!ベトナムに住んでまーす!
日本では保険外交員をやってましたが、今は某日系大手の物流会社(フォワーディング)で営業部長兼配送のマネジメントをやっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です