国際貿易が行われる理由

国際貿易は圧倒的に巨大な産業です。世界の国々が国外から様々な品物を輸入し、自国の商品を外国へ輸出しています。ただ、この品物の往来には極めて複雑な過程が伴われます。そのため、全てが滞りなく流れるように、広範囲にわたる様々な業種の人々が必要とされています。

船積みに携わる人たちは、数々の品物が国境を越えて出入りする過程を監視し、輸出入業や貨物運送業の関連業者は、国際取引ビジネス促進のための仲介役となることが求められます。

国際貿易の役割

国際貿易や船舶運送は、輸出と輸入の二つで構成されています。輸入は国外から商品を得ること、そして輸出は外国への商品の販売・流通を表します。
これらの取引は基本的に大きな規模で行われ、多くの場合、巨額のお金と多数の品物が船、大型トラック、飛行機、列車での大型輸送により運ばれます。
国際貿易に求められることは、有用性・コストの安さ・高い商品価値の3つです。

企業が商品や原料の輸入を行う一つ目の理由は、それぞれの国で手に入らない物があるという純然たる事実です。例えば、イギリスにバナナの木はあまりありません。そこであの黄色く柔らかい、カリウム満点の果物を求める人々の需要に応えるために、国外からバナナを取り寄せる必要が生じるのです。

二つ目の理由は、多くの場合が商品を国内で生産するよりも、海外から購入したほうがかなり安く済むということです。例えば、電化製品は極東アジアでの方がずっと安く生産、販売されています。

三つ目は、輸入品であることでその価値が高められる商品もあることです。例えば、チェコ共和国からの輸入ビールです。
国際貿易業務は大きな規模で行われるため、この業界で仕事に就きたい人は、集中力があること、計画的で理路整然と仕事に取り組むことができること、そして記録の保存管理に長けている必要があります。
また、効率的に取引の準備を進めたり、まとめたりするための高いコミュニケーションスキルも求められます。さらに、外国のクライアントと連絡を取り合うための第二言語を話すことができることも、必要とされる才能です。

輸出入部門で空きのある仕事とは?

輸出入業ビジネスはとてもやりがいがり、スピーディーで、利益も見込めます。この業界の仕事には輸入のみ、あるいは輸出のみにターゲットを絞っているものもありますが、多くは輸送全体の業務をとりおこなっています。

輸出入管理者は基本的に、世界各国の様々な会社の橋渡しを行い、巨大な取引や出荷作業がスムーズに行われるようサポートをします。
輸出入部門の仕事に就くには、数多くの様々なルートからたどり着くことができるでしょう。輸出管理会社で働くこともできます。この手の専門組織は国内企業の輸出業務を引き受けています。買い手を探し、流通を監視し、マーケティン活動を行います。また、ベストな輸送ルートの調査、船積みの準備、時には取引の資金面のサポートすらします。

こういった企業は、委託を基本とした(商品価値の10%の場合が多い)取引を行い、取引の規模が大きいことから、従業員はなかなかの額の賃金をもらうことが可能です。
他にも、輸出業、あるいは輸入業を生業とする人なら、輸出貿易会社で務めることも可能でしょう。輸出入業を専門で行う人々は、海外のバイヤーの代理として業務を行い、供給元となってくれそうな業者を探します。コミッションを稼ぐために、最適価格の交渉を行い、クライアントにできるだけ良い取引ができるようにします。

輸出・輸入業者には自由契約で仲介業を行う業者もいます。これにはリスクも伴いますが、儲けも大きいでしょう。こういった業者には特定の顧客基盤はなく、シンプルに供給業者から直接商品を買い付けます。そして自ら調査を行い、バイヤーを見つけ、保管方法や梱包、出荷の段取りをつけるのです。
当然ながら、これは初級レベルの人には向きません。この業界を完全に知り尽くした、精力的で営業能力のある人でないと、やりこなすことはできません。自由契約で仲介業をすることに興味があるなら、おそらく輸出・輸入会社の営業補助職に就くことが一番の近道でしょう。

船積み担当者として、あるいは貨物運送会社で働くことでも国際貿易への理解を深めることができるでしょう。
輸出入業者は企業の、また貨物運送業者は輸出入業者の仲介業者としての役割を果たしています。これらの業者は大きな輪の中で効率よく細かく繋がっているのです。この業種の人たちは、輸出・輸入会社を代表して業務を行い、専門知識を駆使して最良かつ最も効率が良く、費用効果の高い商品の輸送手段を手配します。

貨物運送業者の仕事には、輸送ルートの調査、契約および手数料についての物流株式会社との交渉があります。その際、(商品の種類にもよりますが)国際宅配便の手配、全てが計画通りに進んでいるか確認するため、輸送の過程にある全ての業者との連携を行います。この業種には税関規制、貿易セキュリティ、保険ポリシーについての豊富な知識が求められます。

船積み作業には、物流と輸出・輸入品の受理を監視・管理するためのすぐれた管理者が必要です。船積みの段階で、船積み担当者と輸出・輸入に関する書類作成者の出番となります。
この業種に携わる人たちは企業に所属し、輸出入に関する詳細な記録を残します。また輸出入に必要な書類の作成、領収書の確認、物流に乗る品物に間違いがないかの点検、目録の保管、輸送スケジュールの管理と間違いの修正のために供給業者との連携を行います。

また、税関規制、送り状、最先端の文書情報処理システムに精通していることも重要です。
自分が暮らす地域のバナナや外国の商品(やわらかい必要はありませんが)を切らしたくないなら、輸出入や船舶輸送、貨物運送の刺激的な業界で働くことを考えてみましょう!

はーい!エリナジャパンです!日本人でーす!ベトナムに住んでまーす!
日本では保険外交員をやってましたが、今は某日系大手の物流会社(フォワーディング)で営業部長兼配送のマネジメントをやっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です