貨物運送業者、あるいは運送業者は輸出や輸入貨物運送のお膳立てをし、輸送・物流部門内の業務を行います。これらの貨物は個人や、製造メーカー・小売業者のような企業のために輸送されます。
貨物運送業者は通常、実際に運送を行うというよりは、代行業者としての役割を担います。つまり貨物運送業者は、資産担保型運送業者を介して貨物発送を行う、(非資産担保型の)3PL提供者のことをいいます。貨物運送業者の仕事では、貨物用の船や、飛行機、トラック、列車などの貨物輸送車両の手配を行います。FIATA(国際貨物輸送業者協会連合会)は、貨物運送業者を「輸送設計者」と定義しており、このことから、クライアントに対する貨物運送業者の営利的な立ち位置が見て取れるでしょう。

貨物運送業界で就職可能な仕事とは?
貨物運送業界には様々な職種が数多くあります。ごく一部ですが、輸送・物流部門での職種をこちらに紹介します:

輸入事務
輸出事務
貨物運送事務
航空貨物マネージャー
海上貨物輸入事務
海上貨物輸出事務
輸出マネージャー
輸入マネージャー
プロジェクト運送業者
輸入通関事務
輸出通関事務

貨物運送業/貨物運送代行業のジョブ・ディスクリプション(職務記述書)の内容は?
貨物運送業/貨物運送代行会社の主な目的は国外の目的地までの荷動きの調整で、航空・海上・陸路・鉄道のあらゆる形態の輸送手段が含まれます。
国際貨物運送業者には、国際貨物輸送に必要な書類の準備や処理に関する専門知識を持つエキスパートが常駐しています。
貨物運送代行会社では一般的に、商業送り状や荷主の船荷証券の輸出申告書のような書類の審査を行います。

また、貨物運送業/貨物運送代行会社は、運送会社や輸入国または積み替え国から要請されるその他の書類の検査も行い、それにはデジタルで作成されたペーパーレスの通関記録も含まれます。

貨物運送エキスパート・ヨーロッパの貨物運送代行会社の役割

ヨーロッパでは、貨物運送代行会社は様々な役割を担っています。それらの変わった役割には、大きな港で集配を行うためにヨーロッパ中の運輸経路の決定に特化した業務(港湾貨物運送代行)や、鉄道貨物専門の業務があります:

貨物運送業あるいは貨物運送代行の経験があることが望ましいですが、運営管理の経験があれば採用条件をクリアしています。
また、貨物運送業/貨物運送代行では数量を扱うので、数学に長けていることが求められます。
問題解決力・交渉力もまた、貨物運送/貨物運送代行業にとって有利な能力でしょう。

国際貨物を取り扱うこの仕事に就くには、世界規模で貨物を輸送するために必要な手順や過程についての専門的な知識があることが理想的です。
卓越したコミュニケーションスキルもまた、筆記のおいても会話においても日々の業務において様々な組織やグループと連携を取る上で必要とされます。

ワードや、エクセルなどのコンピューターソフトウェアに精通していることは必須です。

はーい!エリナジャパンです!日本人でーす!ベトナムに住んでまーす!
日本では保険外交員をやってましたが、今は某日系大手の物流会社(フォワーディング)で営業部長兼配送のマネジメントをやっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です