物流の仕事とはどういったものでしょうか?物流について基本的なことは理解しているかもしれませんが、この業種で成功するには更に詳しくなっておきましょう。

そこで、まずは基本から始めましょう。ビジネス、またはサプライチェーンは物流の専門家が担っており、供給連鎖管理(SCM)業務を取り行います。一般的にその内容は、供給元との関係を築き、全ての物品の輸送が予定通りに取り行われ、顧客が求めるものを把握し、輸送コストを最小限化する方法を見つけることです。ここまで読んでみてどうでしょうか。一流の物流専門家になることを願うなら、行動に起こす前に知っておくべき事実や、専門家の意見を見てみましょう。

1.物流は大きなビジネス

子供のころから物流の仕事に就きたいと夢見る人はいないでしょう。多くの人がこの分野の職業があることすら知らないかもしれません。けれども実際は、経済において極めて重要な役割を果たしている業界なのです。事実、アメリカの輸送システムは2013年、一日平均およそ5,500万トン、価格にしておよそ550憶ドルの貨物の輸送を行いました。2015年にはアメリカビジネスの物流コストが1兆4,800万ドルにまでのぼっています。このことから、見過ごされがちではあるものの、重要な役割を果たしているこの業界の規模の大きさが分かります。

2.物流の職務に就く人は多くありません。

意欲的なビジネスマン達は、この裏方的な仕事の分野については見過ごしがちです。マーケティングや金融に関わる仕事は有名ですが、物流について取り上げられることは多くありません。そのため、この業界の雇用者や人材採用担当者は、人材確保に苦労しています。
実際、Fortune.comの記事によると、物流ビジネス界では2018年までに、140万もの仕事の空きを埋めなくてはならないそうです。仕事口は増加する一方で、資質の高い働き手が不足しているということが示すものは何でしょうか?それは、その需要に応えたいという人にとっては、今が絶好のチャンスだということです。

3.勤務地は様々です。

物流従事者は日々やることに追われていますが、いったいその仕事はどこから来るのでしょうか?SCM業務に携わって12年のベテランで、現在Perchingtree Inc.を経営しているロヒット・シャルマ氏によると、決められた基本の仕事というものはないそうです。物流従事者は事務所のある工場から配送・集荷センターのような場所でも、どこでも業務を行うことができます。そのため、就職する際は雇用者にどのような環境で働くこととなるのか、はっきりと尋ねておくことが重要だということです。

4.仕事のプレッシャーは強い

物流従事者として働く場合、SCM業務に関わる多くの人々に頼られることとなります。うまく対応するには勤勉さと計画力が必要です。また、思いがけない事態になった場合は、厄介な状況に出くわすこともあるでしょう。
「物流そのものが、SCMにおいて極めて大変な分野です。なぜならほとんどのミスは、物流の機能上の問題から起こるからです」と、シャルマ氏は話します。けれども、SCMには、多くのチャンスがあり、ストレスの少ないポジションに昇進している物流従事者も数多くいます。

5.SCMを理解していることが需要

物流従事者はSCMというパズルの重要なピースではありますが、唯一のピースではありません。シャルマ氏は、全体的に見て、物流従事者として成功している人たちのほとんどが、SCMについてしっかりと理解していると話しています。
「SCMでは物流の過程で個々に業務が行われており、それぞれが一つの流れになった際どうなるかによって多くの問題が生じるため、それもまたストレスとなります」と、シャルマ氏。その対応策として同氏は、APICSが提供している講座や養成クラスを模索することを薦めています。APICSは、SCMについての理解を深め、物流従事者の役割の向上を目指す、サプライチェーンや運営管理のための組織です。

6.「最高の企業職」と呼ばれている

USニュース・ワールドレポートのランキングで、物流従事者は企業職ランキングで6位、良い仕事トップ100で26位に入っています。このランキングには、給料が平均的であること、職業としての可能性、ストレスレベルなどの要素が含まれています。このことからも、物流の仕事に興味があることに違和感はないと言えるでしょう。

7.教育を受けることが重要な第一歩です

職務に適した能力を身につけるにはどうしたら良いでしょうか?それは教育を受けることです。我々はリアルタイム職業分析ソフトウェアを活用して、過去5万件近くの物流職の求人について調べました*。そのデータからは雇用主の76パーセントが学士の称号を持っていること(大卒であること)が好ましいとしていることが分かっています。BLSもまた、準学士(2年生大学卒)でも就ける口はいくつかありますが、物流業界が更に複雑化していることから、学士の称号を持っていることがより望ましい状況になりつつあると述べています。
シャルマ氏によると、意欲の高さも上司の目に留まるもう一つの要素だと言います。「マネージャー職にある人は、次のリーダーとなれる人材を常に探しています。意欲的で、物流全体のニュアンスを把握していて、知識を高める意思のある人材が良いでしょう」と同氏は付け加えます。

ここまでで分かったこと…

詳しい内容を知らなければ、物流の仕事は複雑で大変に見えるでしょう。いえ、詳しく知っていたとしても、大変な仕事であることはお分かりでしょう。けれども、その大変な仕事をする価値があることもお分かりのはずです。
雇用需要が高く、職種の幅も広いというこの業界の良い点も、また、ストレスの可能性という悪い点も受け入れることができれば、自分に適した職業だと言えるかもしれません。サプライチェーンや物流マネジメントの資格を取り、まずは物流の仕事に向けて一歩踏み出してみましょう。

オススメのサイト

ベトナムの物流業界の就職ならキャリアリンク
ベトナムの求人情報サイトです。営業や事務など物流業界の求人情報が掲載されています。

ベトナムの生活情報サイトにポステ
ベトナムの生活情報サイトに掲載されている物流の求人情報ページです。

はーい!エリナジャパンです!日本人でーす!ベトナムに住んでまーす!
日本では保険外交員をやってましたが、今は某日系大手の物流会社(フォワーディング)で営業部長兼配送のマネジメントをやっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です