ヨーロッパだけでみると、毎年1,000を超える港湾で35億トン以上もの貨物が取り扱われています。港湾は忙しくにぎやかで、様々な分野の仕事の機会があります。港湾での仕事は、港湾作業員から港務部長の職まで様々です!雇用主の数は港湾の規模や役割によりますが、大きなところでは1,000人以上の人材が雇用されています。。

港湾

・原材料や製品の輸出入が行われます。
・漁業のための設備を提供します
・フェリーやクルーズ船のターミナルを提供します。
・ヨットマリーナのような娯楽設備を提供します。

どのような仕事があるか

港湾は機械化が進んでおり、貨物の荷下ろしは迅速かつ安全に行われなければなりません。船舶が停泊を待ちかまえていたるすることもあるため、また、出入港は潮の満ち引きに影響されるため、港湾労働者はよくまとまって効率的であることが求められます。航空輸送や道路運送会社との競争に耐えるために、港湾は経済的に運営されなければなりません。企業はそれぞれ、港湾のスムーズな運営に協力しています。仕事は、技術的な仕事、運営、税関、管理などがあります。港湾作業の仕事は以下の通りです。

・船舶/港湾作業員 — ナビゲーションマーカーの移動や、舷門の設置、海洋パイロットの移送、可能な場合は閘門作業などの、港または港湾エリア周辺の様々な仕事を行います。
・船客誘導員 — フェリーやクルーズ船が出入りする港での業務を行います。港付近の船客(や乗船中の船客)や、出入港するフェリーや船のの動きを調整します。また、船客のチケットのチェックや問い合わせの対応を行ったりします。

・港湾荷役作業員 — 貨物の荷積みや荷下ろしを行います。また、貨物のベストな積み上げかたや、迅速かつ効率の良い荷下ろしの方法を決定します。様々な種類の乗り物を操縦したり、作業用クレーン、サクションパイプ、ベルトコンベアを取り扱ったりします。
・船舶交通サービス従事者 — 港湾管制センターでの業務を行います。港湾周辺の船舶やボートの安全な移動の調整をします。海洋レーダーやVHFラジオや無線電話などで、船舶との連絡を取ります。

・海洋パイロット(水先人) — 港湾や港を出入りする船舶に乗り込み、安全な入港、水中の岩や障害物を避けて出港できるように案内を行います。
・港務部長 — 全ての船舶にとって安全な港湾づくりを行います。環境基準を監視し、港湾内でのレジャー船の管理をします。
・エンジニア — 港湾内の機器や設備のメンテナンスや修理を担当します。
・港湾管理者 — 健全かつ安全な港湾環境づくり、運送会社など港湾を利用する組織機関との連携など、港湾内の作業全般の管理を行います。

求められるスキル・資質とは?

港湾作業で求められるのは:
・安全への配慮がしっかりしていること
・チームワーク能力、コミュニケーション能力があること
・身体的に丈夫で健康であること —
・(いくつかの職種では)時間外労働が発生した場合でも対応可能であること
・(いくつかの職種では)言語スキルがあること

申し込み登録、研修、資格について

様々なレベルの資格や経験を持つ人たちが求人の対象となります。港湾荷役作業員や船舶/港湾作業員などの実践的な仕事は正式な学歴は必要ではありませんが、英語、数学、科学のGCSC資格やそれに相当する資格は有効です。業務そのものはかなりの肉体労働で、あらゆる天候の際も屋外で行わなければなりません。倉庫作業や輸送サービスの経験があると良いかもしれません。また、港湾荷役作業員は自動車免許が必要です。船舶交通サービス従事者の仕事は、顧客対応の経験があると良いでしょう。これらの業務はOJTで覚えいきます。関連資格の取得につながるでしょう。将来的には見習い制度に参加したり、準学士の資格を取得できるようになります。海洋パイロット(水先人)は一般的に、甲板部士官など、海洋での経験をかなり積んでいることが求められます。登録条件は、水先修業生選考委員によって異なりますが、候補者は通常、船長資格を保有していることが求められます。商業面、運営面での仕事は、GCSC資格のAレベルか、同等の資格が必要です。大手企業では大卒者のためのマネージメント研修制度が取り入れられています。港湾施設の技術的管理は通常、海洋での業務経験者か、エンジニアの資格があり、訓練設けている人材によって行われます。IMarEST(The Institute of Marine Engineering, ScienceandTecnology:海洋工学・科学・技術学会)は、相応の資質を持つ、経験豊かで優秀な海洋職のプロに「公認資格」を提供しています。

注意点:イギリス(やその他の国では)、18歳以下は、特定の引き上げ機械など、一部の機器の操縦が規制されています。また、港湾荷役作業員などのような職種も一部、登録年齢が18歳からとなっています。

主な雇用主は?

港湾労働者の主な雇用主は以下の通りです:
・港湾管理委員会
・フェリー会社
・クルーザー業者
・輸送会社
・荷役会社
・倉庫業者
・船舶修理・メンテナンス会社

将来性について

港湾の運営や技術職については、適正な資質があれば、OJTにより監督職、あるいは準管理職への昇進が期待できます。

はーい!エリナジャパンです!日本人でーす!ベトナムに住んでまーす!
日本では保険外交員をやってましたが、今は某日系大手の物流会社(フォワーディング)で営業部長兼配送のマネジメントをやっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です